芳徳寺

基本情報


ここに画像

所在地 宗派 設立者 現在の状況
奈良市柳生下町445 臨済宗大徳寺派 柳生宗矩 現存

主な関連人物
柳生宗厳、柳生松吟庵、柳生宗矩、沢庵宗彭

拝観時間 拝観料
9:00~17:00(4/1~10/31)
9:00~16:00(11/1~3/31)
大人200円
高校生:150円
小中学生100円




詳細


  柳生家の菩提寺。
  柳生家の墓所は元は月吹山中宮寺にあったが、芳徳寺の創建にともない改葬された。  

  現在芳徳寺のある場所はもともと城があった場所で、「石舟斎塁城跡」の碑が立っている。

  北側から芳徳寺へ向かう霊源坂の中ほど東側の地が宗厳の屋敷地だったと言われている。
  (旧版『柳生の里』)

  本堂は資料室として一部開放されている。
  宗厳時代のものよりも、宗矩・十兵衛関係や江戸時代の藩で使用していたものの展示が多め。
  (『月之抄』や宗矩・十兵衛・宗冬の歌がしたためてあるものなど)

  本堂裏手には柳生家の墓地もある。
  墓地へ向かう道は山道なので、天候の悪い時は注意が必要。
  

アクセス


交通機関


  最寄駅は奈良交通バス停「柳生」「柳生上」。
  (「柳生上」の方が若干近い)
  
  運賃はJR奈良駅/近鉄奈良駅どちらから乗っても片道950円
  ICカードはICOCA・PiTaPaが使用できる。(2014年5月確認)

  バス下車後からは徒歩約15分ほど。

  JR笠置駅から徒歩で南下して里へ入る方法もある。

  
  町内に駐車場がいくつかある。(有料)

芳徳寺まで


  ルートは二つあり、もみじ橋方面からのほうが坂が険しい。
  もみじ橋方面からのルート途中で見られる平地部分が宗厳の屋敷跡と言われている。



設備


  寺内にはないが、表参道を少し下ったところにトイレ(男女とも)あり。

関連記事




  • 最終更新:2014-07-01 03:42:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード